2007年03月12日

北海道ではカニをここで購入しました

早いもので、北海道雪祭りで札幌入りしてから1ヶ月以上経ちました。
2度目の北海道で購入してきたカニさんも、昨日食べ終わりましたひらめき
今回の北海道旅行では、雪祭りメインだったこともあり、
メスのカニを購入して帰ったのですが、
(詳しくはカニhttp://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/category/edit/input?id=2684310をご覧になってください)
1.7キロと1.2キロのカニは食べ応えがありましたわーい(嬉しい顔)
特に大人二人で1.7キロのカニは、相当食べる量あり、
最後の雑炊はカニ:ごはんが3:2くらいで、豪華でしたハートたち(複数ハート)


IMG_4027.JPGさて、今回は、私たちが10月・2月と2度
北海道でカニを購入した場所を発表しますかわいい
1度目は
旭山動物園・美瑛・層雲峡などをまわる旅行、
2度目は
北海道雪祭りがメインという旅行だったので、
札幌で有名な
札幌市中央卸売市場場外市場ではなく、
大通公園からも狸小路からも徒歩で行ける二条市場に行きましたくつ


二条市場は明治36年、
魚小売商から始まったと言われている歴史ある市場で、
市民の台所として親しまれています。
カニ、ホタテ、ウニをはじめ、季節ごとの新鮮な魚介類、野菜、乾物など、
北海道ならではの特産品がたくさん売られていて、
札幌のお土産は二条市場でという観光客も大勢。

各お店は対面販売のため、
値引き交渉もお店の人と楽しくやりとりしながら買い物ができるほか、
調理方法なども親切に教えてくれます。
また、市場の中には、ウニやイクラ丼などを味わえる食事処あり、
旅先では必ず市場をのぞいてみる私たちは、
札幌の二条市場も好きです。
札幌市場外市場ほど大きくはないでしょうが、
それでもたくさんのお店が並ぶ二条市場。
各お店で試食をさせてくれます。


私たちは今回、双方の実家にもお土産を買う予定でしたので、
色々と話を聞いてまわりました耳
やはりカニをメインに扱ってあるので、
試食というとカニを食べさせてくれることろが多いのですが、
二条市場を一周するおよそ1時間半の間に、
軽いお昼一食分に匹敵するであろう量のカニやウニを試食しました爆弾

カニの説明をしてくれるお店、
カニへの想いを熱く語るご主人、
カニを山積みにしてあるお店、「
お土産セット」として他の品とセットで販売してあるお店、
本当に色んなお店があります。

彼と私は、カニが結構好きなので、
自分たちが美味しいと思う、身の詰まったカニを探し求めて、
お財布と相談しながら歩き回り、あるお店に決定晴れ

それは かわいいかわいい本間鮮魚店さんかわいいかわいい


体格と威勢のいいお兄さんおじちゃん(ごめんなさい)が、
とっても丁寧に説明してくれまするんるん
どのお店も丁寧に説明してくれて、
さすが産地、味も悪くないのだけど、
この本間鮮魚店、価格とカニの質がとってもいいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
身もしっかり詰まっているし、お店のスタッフはみんな気さくでやさしいし、
なんといってもお客さんを値踏みしないexclamation


10月のときは私一人で札幌大通公園から歩いて二条市場へお買い物に行ったのだけど、
今回の雪祭りでは彼も一緒に市場へムード
二人でぐるりと一周して決めたから、おすすめです
味はよかったのだけど、
カニさんがこぶりだったから決めなかったお店もあった中バッド(下向き矢印)
こちらの本間鮮魚店はハズレなしわーい(嬉しい顔)


今回の北海道旅行でも感じましたが、本当に、
カニの何を重要視するかは購入するあなた次第なので、
お店の人の言いなりにならないよう、意思をしっかりもって交渉楽しむことが大切です


IMG_4025.JPG

最後に写真を一枚黒ハート
一緒に送ってもらいたいものがあり、それを購入したあと、
再びぴかぴか(新しい)二条市場に向かう途中わーい(嬉しい顔)
楽しかった様子が伝わるでしょうか?
一緒に送ってもらったものは、北海道ならではのお土産雪
六花亭のチョコ黒ハート
バレンタイン近くだったので、
2人のおとうさんに黒ハート黒ハート黒ハート
posted by カニカニ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カニ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。